千里モモコはwebライターにクラスチェンジできるのか!?

ライター千里モモコの雑記ブログ。楽しくやっていきます

8月からライターを主軸に生きてみて。2ヶ月めを終えての感想

 

こんにちは。

相変わらずブログは放置気味(それどころかTwitterも留守になりがち)の千里モモコです。

 

リアル社会でも口数が少ないからか、ネットの世界でもパーソナルなことを発信するとなると筆不精になりがちです。これは改善して行きたいですね。

 

さて。

8月1日にブラックバイトを脱却(夢追いフリーターだったので)した私ですが、丸2ヶ月経ってみての感想をつらつらと書いていこうと思います。

 

 

 

なんとか生活できるくらいはお仕事できているよ

f:id:tamano0603:20171031151007j:plain

 

これもひとえに、継続してご依頼をいただけるクライアント様のおかげです。

感謝。マジ卍。←使い方あってる……?

 

少しずつ自分のペースが分かってきましたし、32時間ぶっ続けで執筆するなんていう無茶もやりました。馬鹿です。

若くもないので、そして突然死が怖いので二度とそんな無茶はしないと誓いました。

 

現在生活できるギリギリのラインの稼ぎなので、なんとか収入をアップさせていきたいところです。

継続して頂いている案件のクオリティアップと、新規取引先の開拓が今後の課題です。

 

 

 

 

 

負担になっていた継続依頼をお断りしたら、肩の荷が降りた

ライターを始めて間もない3月から依頼を頂いていた案件の継続をお断りしました。

 

ライターとして何も分からなかった私にとって、しっかりとしたレギュレーション、丁寧なフィードバックはとても有り難かったし勉強になりました。

この案件を受けられたおかげで、webライターとしての基礎ができたと思っています。

 

とても丁寧に対応頂ける良い担当様に恵まれていたのですが、思い切って辞める旨を伝えました。

 

理由は、

・検品者によって修正ポイントが違い、何回も修正依頼が来る

・人の入れ替わりが多く、検品者が頻繁に代わる

・金額に仕事量が見合わなくなってしまった(昇給やボーナス制度のないクライアント様でした)

 

書いていて勉強になることも多かったのですが、ライターで食べていくには作業量と報酬が見合わないと感じ、継続をしないことに決めました。

 

 

 

また、この案件とは別の継続依頼も一件お断りしました。

そちらは採用時に決めたジャンルと全く違うジャンルの依頼を頂き、質問の回答も曖昧な印象を受けたので、お断りすることにしました。

 

フリーランスは野生の勘に頼れ、というツイートを思い出しました。

今のところ、それに従ってみて良かったと思っています。

 

 

 

 

作業の間にネット小説を書き始めたよ

 

f:id:tamano0603:20171031151156j:plain

 

ケータイ小説サイトに登録し、作品を公開してみることにしました。

 

10年くらい前によく読んでいたんですけどね。

久しぶりにサイトを覗いてみたら、昔読んでいた作品の作家さんがまだ続けていらしたり、書籍化して専業作家さんになっていたりで感慨深かったです。

 

 

恥ずかしいので、私の作品の紹介はしません笑

ペンネームも変えてやっていますし。

 

ケータイ小説は読者の反応がすぐに分かり、読者数やお気に入りの数がモチベーションになるので楽しいです。

息抜きにもってこいの趣味を見つけました。

今後の展開やストーリーを空想するのも楽しい。

 

世代がバレますが、小学生の時はスレイヤーズの影響を受けて、ラノベ作家になりたいと思っていました。友達とリレー小説を書いたりもして。

黒歴史、もとい、良い思い出です。

 

 

 

まとめ

ライターを主な収入源にして2ヶ月が経ち、自分なりの仕事の進め方が分かってきました。

今後は継続の案件を今以上に頑張りつつ、新規の案件獲得にも力を入れます。

あと、SNSにももうちょっと顔を出さなきゃね。

 

文章を書くのは楽しいです。