千里モモコはwebライターにクラスチェンジできるのか!?

ライター千里モモコの雑記ブログ。楽しくやっていきます

ライターやってるとブログに書くネタがなくなってしまう件。

こんにちは。

最近夜型になってきて焦っている千里モモコです。

 

 

ブログは思うままに好きなことが書ける自由帳のようなもの。

しかし、webライターを初めてから気づいたことがあります。

 

 

「ブログが書けない。」

 

 

 

 

−なぜ、書けない?

f:id:tamano0603:20171209221544j:plain

 

書くことは大好きなんです。

ですが、ネタが思い浮かんでも、ついついこのネタでランサーズのあのジャンルの案件に提案できるんじゃね?と思ってしまうのです。

 

 

そう、ネタの出し惜しみです。

 

 

 

例えば。

つい最近友人の結婚式に参加したのです。

 

 

私はそこそこいい歳なんですけれども、友人の結婚式にお呼ばれするのは初めてでした。

初めてのお呼ばれなので、ドレス選びの常識やご祝儀のお作法も分からず。

そして余興に乾杯の挨拶までご指名頂きまして、もう結婚式お呼ばれのフルコース。

有難い気持ちと共に、チョー焦りました。

 

f:id:tamano0603:20171209222452p:plain

 

右も左も分からないまま、ドレスの色から丈からボレロからバッグまで。

もう、ひとつも失礼が無いように調べまくりましたよ。

いい歳こいて袱紗の存在を知らなかったので、まじ調べてヨカッターーーーと思いました。危ないところでした。

 

 

乾杯の挨拶をするというプレッシャーもあったので、超無難に無難なドレスを選び、親族の方々に安心して頂けるような、そしてちょっと笑いどころのあるスピーチを淀みなく言えるように練習しまくりました。

 

乾杯にステータスを全振りしてしまったのか、余興のダンスではちょっぴり振りを間違えてしまいましたが……。

 

でも、新郎新婦がとても幸せそうで「頼んで良かった」と言ってくれたことが救いでした……。末長くお幸せに。

 

 

って、いうのをね、細分化していってドレスやご祝儀や挨拶のカテゴリに分けて詳しく記事書けば仕事が生まれるやんけーーーと思うと、出し惜しみしちゃって書けなくなっちゃうんです。

今のところお役立ち情報は何も無いので、仕事に支障が無いのは分かっているんですけどね。

 

 

出し惜しみせずブログを書くにはどうしたらいいんだろう

 

1.おおよそ記事にならないようなネタをブログに書く。

これは日常生活のことですかね。

しかし、これをやってしまうと「今日はお仕事をしました」で大体の日が終わるという悲しいことになります。

 

2.ライターのノウハウを書いちゃう

これは実際私自身もお世話になったのですが、自分はまだまだだと思っているので今の時点では書かないです。書けないです。

 

3.知るか!!書く!!!!

ワンピースの○フィが言ってそうです。

 

 

ですが、なんとなく3番が1番良いような気がしてきました。

お役立ち情報が何も無くても、好きなことを書けば良いと思うことにします。

 

 

「序文〜本文〜まとめ」の構成すら、ブログ記事は本来気にしなくて良いんですよね。

文体もこの記事では崩して書いてみました。書きやすーい。

 

 

高校時代に友人と見せ合いっこしていたブログはのびのびしていました。あの頃のようにワクワクしながらブログを書きたいのです。

このブログは「ライター」千里モモコのブログなので、ある程度の社会性?お役立ち力?が必要かなあと思ってなかなか書けずにいたのですが、言うても「雑記ブログ」。

 

そしてはてなさん俺の城です。

 

もうちょっと肩の力を抜いてブログ書いてみよっかなという記事でした。